X68000日記(2001年版)

[ 1999年 ] [ 2000年 ] [ 2002年 ] [ 2003年 ]

[ 2001年 ]

【2001年11月10日】故きをたずねてみる
MLに参加するために、「eグループ」のユーザ登録を行なおうとしたら、どうしてもフォーム送信の時にLynxが落ちたりフリーズしたりしてしまうんです。
(規約の部分まるごとTEXTAREA要素でになっているので、送信する情報量が多いのが原因かとも思いますが、定かではありません)
困った挙句、ふと、現在使用しているLynx2.8.1を、Lynx2.6にしてみたんです。
そうしたら、(多分)問題なくCGIを通ってくれました。
いや〜、何にしても道はあるものですね。


【2001年10月12日】利用規約・つづき
下に書いた問い合わせのメイルの返信は、いまだ届いていません。
(2001/11/10追記:まだ届いていません)
この件について、"Yahoo!ジオシティーズ"はQ&Aという形で、一応スタンスを示したのだから、その記事を示す定型メイルくらい返してきても良いとは思うのだけれど。
思えば、今回の規約改定はもとより、Yahoo!との合併の時も、何も知らせて来なかったのですよね。
規約の効力云々以前に、ちと問題ありありかも。


【2001年10月 8日】謎の利用規約
友人から知らせてもらったのですが、"Yahoo! JAPAN"の規約に関して問題が持ち上がっているとのこと(トップダウンで"Yahoo!ジオシティーズ"にも影響)。
判断は各自に任せるべき(煽ってはならない)と思うので、要点だけ書きますが、
"Yahoo! JAPAN"の利用規約中、『Yahoo! JAPANに送信(発信)されたコンテンツについて』が問題になっていて、送信されたコンテンツは"Yahoo! JAPAN"が使用できることになっています。
すなわち、"Yahoo!ジオシティーズ"利用者がサーヴァへ送信したリソース(コンテンツ)を"Yahoo! JAPAN"が使用できると解釈できるのです。
逆の言い方をすれば、("Yahoo! JAPAN"が)使用できないという根拠がどこにもないのです。
私は、"Yahoo!ジオシティーズ"の方へ問い合わせのメイルを送って確認を急いでいますが、返答はどうあれ早急に行動すべきだと判断し、"Yahoo!ジオシティーズ"上のリソースを引き上げることにしました。
〈10月 9日補遺〉"Yahoo! GeoCities"だとアメリカの方と区別がつかないので、"Yahoo!ジオシティーズ"と表記を変えました。


【2001年 7月19日】漢字 ― 続き
第三水準(や第四水準)の漢字は、異体字や僻字が多いといっても、固有名詞の表記に必要な場合が多いし、83改訂のせいで追いやられていた字が再録されたので、使う機会もあることでしょう。
ということで、書店で漢字辞典を探してみましたが、第三・四水準に対応したものもあるけれど、私にとって使いやすいものはありませんでした。
でもよく考えてみると、今までに出た辞典の改訂だとしても、字形が微妙に違っていたりして、対応するのはかなり面倒なことなんですよね。
おととい書いた追加漢字使用例をちょっと手直ししてみました。


【2001年 7月17日】第三水準
漢字コードと言えば、83改訂で煮え湯を飲まされたという苦い経験を持っている人も多いかと思いますが、90改訂,97改訂を経て、JIS X 0213-2000(拡張漢字)が制定されました。
これは第三水準, 第四水準の漢字が制定され、コードが割り振られたのが大きいです。
このうち第三水準は、区点コードをフルに(シフトJISの$EFECまで)使った形になっており、 フォントさえあればX680x0上でも、HIOCS.Xやhfont.rで見ることができるんですよね。
ということで(WWW上を)東奔西走した結果、 オリジナルはbdfフォントの"jiskan16-2000"を、 FONTX2版にしたものを見つけました。
そしてそれをCOR.さんのmake12.xと、海豚さんのFON2FOX,FOX2FONを使って加工し、ついに第三水準漢字(JIS X 0213-2000の第1面ですね)の載った16ドット・フォントを得ることができました。
新たに追加された漢字の使用例も作ってみましたが、まだ入力の方は大変です。
一応、LeDAさんのDicBushuを利用して、部首登録だけしてみました。


【2001年 5月21日】黒ヤギさんからお手紙着いた
更新をさぼっていたら、ウイルス・メイルが届きました(爆)。
もちろんWindows用なので、うちの環境で感染することはないのですが、感染者が気づかずにばらまいているようなので、注意ページを設け、条件に合致するかたのアクセスがあった場合、トップ・ページで注意を喚びかけることにしました。
受け取ったメイルの内容は、誰がどうみても怪しい添付ファイルなのですが(送信者や件名欄は空白で中身は添付ファイルだけ)、一連の操作の流れで実行して感染してしまうのでしょうか?(うちはGUI環境ではないので、よく解らない)
それはともかく、更新の滞っているうちのサイトですが、割とコンスタントにアクセスがあるようで、ありがたいことです。
何か意見や感想がありましたら、お気軽にメイルくださいね、ただしウイルス抜きで(笑)。


【2001年 2月 7日】キウイにギャラクシアンに肉団子
おもちゃ屋で、スーパーファミコン用の「ニチブツ アーケード クラシックス」の新品が捨て値で売られていたので買ってきました。
収録ゲームは『ムーンクレスタ』,『クレージー・クライマー』,『フリスキー・トム』の3本。
『フリスキー〜』は当時よく解らなかったので殆どプレイした記憶がないのですが、『ムーンクレスタ』と『クレージー・クライマー』はかなりやりこみました(上手くはない)。
当時とプレイ感が違うのはともかくとして、BGMが変わっているのは、著作権うんぬんがあるのは判るけれど、やはり残念ですね。
まー逆に、オリジナルを知らない曲がアレンジされていて、「あぁ、この曲は元があったのか」と20年経って知ることができたのは収穫でした(本当かい!?)。
そうだ!『ムーンクレスタ』といえば、サウンドを見事に再現したFX-602P版は圧巻でした〜(「プログラム電卓ゲーム[2]」所載)。 あれは一聴の価値がありまっせー。
見出しの“キウイにギャラクシアンに肉団子”ですが、『ムーンクレスタ』の敵キャラクタ(コールドアイにスーパーフライにメテオ)の個人的愛称です。 “ギャラクシアン”は正確には“エイリアン”なのですが(笑)。
それから、2月頭にしばらくここへアクセスできない症状がありましたが、ドメイン更新手続きに関連して、mapletown.netがDNS管理情報から削除されていたとのこと。
なるほど、こういうこともあるんですね。
該当期間にここへアクセスしてくださったかたには、ご迷惑をおかけしました。


[ 1999年 ] [ 2000年 ] [ 2002年 ] [ 2003年 ]


サイト・トップ

e-mail address : listrun@z80.club.ne.jp